ホーム > エステ業界の失敗例

エステ業界の失敗例

エステ業界の失敗例

エステでよく見られる失敗例!

  • 思い切ってお金をかけて回数券を購入。でも全然消化できない。
  • 研修を終えたばかりの未熟な新人スタッフが施術。案の定、失敗されてしまった。
  • ダイエットエステにトライ。でもあっという間にリバウンド。
  • お試しコースがイマイチだったので勧誘を断ったらガラリと態度が・・・。嫌味を浴びせられた。
  • エステを利用したところ、高額な化粧品を買うはめに・・・。
  • 高額な美容コースを勧誘され、あまりの強引さに断れなかった。
  • 3カ月15回というコースを申し込んだところ、ほとんど予約が取れずに期限が過ぎてしまった。
  • リンパマッサージをやってもらったら、アザになってしまった。
  • 美顔マッサージをしてもらったら、顔の肌が赤く荒れてしまった。
継続は力なり。お客さまに喜んで通っていただくことが一番。

継続は力なり。
お客さまに喜んで通っていただくことが一番。


エステ業界には、スタッフに売上げノルマを課し、スタッフを売上げで評価する経営システムの店が多くあります。それが、お客さまへの無理な勧誘や押し売りにつながり、トラブルになってしまう例が後を絶ちません。

しかしVi・Casaでは、営業の目的はお客さまの美をサポートすることにあります。もちろん、仕事である以上売上げは無視できませんが、それを至上とするのではなく、お客さまにきちんと通っていただくことを最も重視しています。

Vi・Casaのスタッフは、役務消化といって、ひと月に対応可能な最大人数のお客さまに施術することを目標としています。そのためチケットをご購入いただいたお客さまには、「通い続けてください」とお願いするだけ。その結果、スタッフは売上げにとらわれることなく施術に専念できるというわけです。お客さまとの良好なコミュニケーションによって信頼関係を築くことができ、施術効果も格段に向上します。

問題のあるサロンでは

スタッフの評価を売上げで計るような経営を行っていると、スタッフは無理にお客さまの予約を取ろうとするため、精神的にゆとりがなくって施術に集中できなくなります。すると、お客さま一人ひとりの対応がずさんになり、施術も失敗が多くなりがちです。
結果的にお客さまとの信頼関係が築けなくなり、かえってお客さまに敬遠されてしまうようなことになるのです。

Vi・Casaに行くと、美しくなれる理由

ビカーサに行くと、美しくなれる理由
「もっと美しくなりたい」「いつも若々しい自分でいたい」
これらは、女性であれば誰もが望んでいること。そして永遠の願い。そして、それを叶える手段のひとつに、エステサロンがあります。

エステサロンを訪れる多くの方の目的は次のようなものでしょう。

  • 美を追求する
  • アンチエイジングを図る
  • リラックスする

では、どのサロンでも「美しくなりたい」「若々しい自分でいたい」という願望は実現するのでしょうか?
エステのための設備の充実、スタッフの技量などは、こうした願いを叶えるための必要条件です。しかし、それだけではまだ十分ではありません。

Vi・Casaでは、エステサロンのハード面や環境面を整えること以外に、もっと大切なことがあると考えています。
継続こそが力。通い続け、施術を受け続けていただくということが必要なのです。

通い続けたい。Vi・Casaにはそんな「魅力」にあふれています

通い続けたい。ビカーサにはそんな「魅力」にあふれています

とはいえ、通っていただくために、お客さまにその「努力」をお願いしているわけではありません。
Vi・Casaには、お客さまがサロンに通い続けていただくためのシステムが整っています。そして、お客さまが積極的に足を運びたくなる「魅力」もあると自負しています。なかなか言葉で説明しにくいものですが、とにかく一度足をお運びいただければ、必ず実感していただけることと思います。

Vi・Casaにいらしていただければ、「美しくなりたい」「若々しい自分でいたい」という願望は、「きっと美しくなれる」「きっと若々しくなれる」という確信に変わることでしょう。
私たちVi・Casaは、お客さまお一人おひとりの希望や願いを実現するために、全力で応援いたします。